お知らせとお願い

お願い!
場所取りは禁止です。入漁証をお求めの上釣り座にお入りください。
入漁証は見えるところに付けてください。
中学生は身分証が提示されませんと、割引はされませんので保険証や生徒手帳等をご持参下さい。

場所取り禁止について
開店前の釣り座の場所取りは禁止です。受付前にお並び頂くか、開店まで車などでお待ち頂く場合は荷物等を置いてお待ち頂いても構いません。
但し、トラブル防止のためお一人様1つの荷物(5人分のときは5つ)を置くようお願い致します。荷物等の紛失は一切責任を負いませんのでご了承下さい。

追記
入り口ロープ開放前に受付に置かれたお荷物については無効となります。スタッフが解放後(4時頃)入場できます。宜しくお願いします

※釣果報告の写真撮影について
写真撮影はキープされるお客様のみとなります。リリースされるお客様はご遠慮下さい。

※イトウの撮影、及びキープは禁止です

☆重要なお知らせ☆
料金改定のお知らせ
いつもすそのフィッシングパークにご来場頂き、誠にありがとうございます。
さて、突然ではございますが、この度、養殖飼料の大幅な値上げにより、現状の放流量・放流サイズ・放流魚種を維持することが大変困難な状況となりました。
つきましては、8月1日より、全ての釣り券(1時間~6時間券・1日券)とエサ釣りの料金を100円値上げさせて頂き、バーベキュー料金を4000円に変更させて頂きたいと思います。
お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解・ご協力頂きますようお願い致します。

☆重要なお知らせ☆
5月から(8月を除く)第3週の木曜日が定休日となります。
※祝日の場合は営業します。

本年度の定休日は下記の通りです。お間違えの無い様お出かけ下さい。

5月17日
6月14日
7月19日
9月13日
10月18日
11月15日
12月13日




☆中学生料金についてのお願い☆
トラブル防止の為、保険証・又は学生証をご持参下さい。
コピー・スマートフォンなどで撮影したものは受付ません。
ご協力お願いします。


☆お知らせ☆
ナイターも営業中。夏季営業時間に変更となりますので宜しくお願いします。
営業時間 8:00~21:00

☆平日も放流2回!実施中です

平日の放流量がアップします。放流時間は受付にてご確認下さい。
※雨天時は変更になる場合もあります。

ルールに関するお知らせ
●トリプルフックの 使用が禁止になりました。
(お知らせ)
●BBQでの酒類のお持ち込み・飲酒は禁止となりました。
●場内分煙となります。喫煙は灰皿設置場所にてお願いします。
(受付・BBQ場横・下池休憩所)
●忘れ物のお取り置きは6ヶ月を上限に処分させていただきます。あらかじめご了承下さい。


●いっぱいになったスタンプカードは、BBQやエサ釣りで使う事も出来ますが、ルアー・フライでのご利用の際は、3時間分だけではなく、一日券(一般4900円から)3時間券の2950円分を引いて精算が可能です。受付の際に、いっぱいになったカードとご利用時間をお伝え下さい。

☆アルコール類の持ち込み・飲酒について

昨年より場内において、アルコール類の飲酒は禁止となっておりましたがこの度バーベキューを利用しない、ルアー・フライ・エサ釣りのお客様に限り飲酒を解禁させて頂きます。ベンチ・休憩所などをご利用下さい。
尚、引き続きバーベキュー中、及びバーベキュー場での飲酒は禁止となりますので宜しくお願い致します。

☆☆現在の放流モノ☆☆

ニジマス 
レギュラーサイズ(40センチ前後)
大型赤身ニジマス (50センチ以上)
ブラウントラウト、ブルックトラウト、放流中!
各30センチ~50センチ

ミックスポンド ニジマス小サイズ30センチ前後多数


水温 約13.5度~15.0度 (日中の水面付近)で推移。平日放流は11時頃です。土日の放流は人数にもよりますが、晴れていれば4回程度(上下池)ミックスポンドは
午前、午後各一回を予定しています。上下の池は2時間置き程度で放流が組まれます。詳細は当日の受付前のホワイトボードにて発表します平日は午前11時(毎日)と午後も放流を予定します(雨は中止の場合あり)午後の放流はスタッフの関係上13時から15時と不確定ですので
外出される際は受付で放流の有無を確認して下さい。


過去の「あれこれ日記」はこちらです。





2018年8月31日金曜日

おまけの夏休み的な週末。甥っ子も宿題のリミットが週明けだそうで、崖っぷちな夏休みは
宿題に費やされるそうであります。当然ワタクシも宿題という名のパワハラにウナされていた子供
だったにすぎませんが、根性や体罰含めたフィジカルで乗り越えてきた、現各分野の「どん様」たちからすれば、昨今の社会問題をみるまでもなく、価値観や感覚の移り変りを無視してでも
過去を踏襲すれば未来に繋がるとお思いなのかもしれません。
釣りは興味が有るから上手くなる。無ければソレまでかもしれません。お勉強も同様かと。
強制するのも良し悪しに思えるのですが、宗教っぽくなるのはゴメンですので、第三者委員会でも立ち上げて宿題の是非を問うってのは最近の流行りでいいんではありませんかね。

まぁ冗談話が長くなりましたが、現状すべきことは「宿題と放流」
反発する前にやっぱり長いものには巻かれておかなければ先はございません。

2018年8月27日月曜日

明日まで夏休みだというお子様が来場され「じゃ、僕は(宿題が終わった)勝ち組だ?」と
褒め称えたつもりがウツむいてしまいました。お父さんが小声で(ナイスツッコミ)と言ってくれなきゃ
ただの暴言になるところでありましたが、釣り好きは釣ってからじゃないと落ち着かないってのも
心情を察するところです。中には釣り自体を自由研究のテーマにされるお子さんもいて、
(なら私も毎年同じテーマで出来たじゃん)とは後の祭りですが、ソレがあったか!と感心させられるものです。いずれにしても心おきなく夏の思い出を釣り上げて行ってください。



2018年8月24日金曜日


魚のサイズによって好奇心と警戒心は反比例するものですが、アマゴより明らかに大きいニジマスの警戒心は痛い目に遭ってからじゃないと、芽生えないみたいです。そんな訳でミックスポンドのアマゴ相手にフライをゆっくり動かせば、ニジマスが十中八九掛かります。フライを怪しんで見切る
アマゴには、マッチ ザ ハッチ的に投げてみたユスリカのソフトハックルが有効でした。「エサだ」と
認識したアマゴのスピードはニジマスの比ではなく、すっ飛んできて咥えては、コレマタ猛スピードで去っていきます。やる気さえ出せればバイトまでは何とかなりましたが、怪しんで咥えてますので、バラス事なんの。。課題は次回へ持越しです。

2018年8月20日月曜日

お盆休みの先週は、日々続く大量放流にリミットーオーバーでリリースせざるを得ない
赤身が沢山ポンドに残っている状況のようで連休終盤からアチコチで上がっていました。
同時に放流していたコーホー(銀鮭)とアマゴがやけにすばしっこくて、同じ太いフックセッティングではどうにも乗らないカツンっと手元にだけくるアタリにジダンダを踏んでいるのも、しかたの無いところですが、ややキツメのドラグに細軸フックのファストリトリーブの方にはコンスタントに掛かっていました。不意の赤身でも、案外ウネウネしてから走り出すので、ドラグを直すのに問題は有りませんが40センチくらいのレギュラーサイズは一気に走り出すので、切られないようにするのが
スリリングです。

2018年8月13日月曜日

昨日に続き雷雨に見舞われました。多くの方はご承知されていますが、竿に使われる
カーボンは通電性のいい素材ですので非常に危険です。雷に向かって避雷針を振り回すとは
言い過ぎかも知れませんが、過去には幾つもの釣り中の落雷が報道されています。
あくまで自主避難ですが、危険と判断した際は中断をお願いしています。
恐縮ではありますがご理解とご協力をお願いする次第です。

2018年8月9日木曜日

お休みの朝、空いた一時間だけの釣行はミックスポンドのアマゴ狙い。ガサツな山岳渓流タックル
そのままの状態はティペットの6X(0.6号)は擦れて白っぽく、管釣りならではのまあいいや的な
スタートのドライフライに反応するのはニジマスばかり。なんとなく原因は分かっているのですが
見切るアマゴに十数匹の連続ニジマスに業を煮やし、フロロの7X(0.4号)を少し足したら、
素直なもので、連続でアマゴが出始めました。
闇雲にこういった細仕掛けを投げると、たちまちニジマスの餌食になりますので、それなりに
コントロールしてキャストすると効率的です。

2018年8月6日月曜日

渓流で主に狙うアマゴ。アマゴの生息域は古くは神奈川県の酒匂川以西太平洋側に流れる本州、四国を一帯としています。今では養殖魚が各地に放流され、分布もオカシナ事になっていますが
すそのは「アマゴ域だ」と養殖と放流が続いています。イマイチマイナーなのもあって「ヤマメだ」と
お喜びの方の脇で「アマゴです」と刺している毎日。
プライベートではキャッチできる尾数も少ないので、口に入れることは無かった人生ですが
置いて行ってしまうエサつりのお客さんのアマゴを頂いて、炭で焼いたほうが断然美味いことでしょうが、日本酒が欲しくなるはずですので、自宅のグリルで焼いてみようかと思います。



2018年8月3日金曜日

非常に危険な暑さといわれる今夏。受付前の気温は本日も33度をさしておりましたが、
世間を騒がせるような暑さを聞けば、なんら普通の夏に感じるから恐ろしいものです。
実際水温が低いので、日陰で風を受けていると非常に爽やかなものです。
週末の放流は人数次第ですが4回はする予定ですが、日中寂しくなるくらいメッキリお客様が
隠れてしまいます。水分補給と日焼け対策を万全にしていただければ、釣り人の減る日中は
チャンス倍増なのです。

2018年8月2日木曜日

おかっぱりでバスを狙おうじゃないの!と画策した休みの前夜。どこからとも無く聞こえる
ド派手な花火の重低音にどこだろね?と見えない花火に首を傾げていたら、釣りをする
予定の元箱根でした。。。近々の放流の実績に期待なのですが、昨夜のドンパチを水中から眺めることになったバスたちが、そうそうご機嫌よくルアーを追ってくれるはずも無く玉砕なわけですが、
実は2度ほどバラしたのです。先日お客様にバラさないコツを教えたばっかりなのにね。
人のことは良く見えるようです。