お知らせとお願い

お願い!
場所取りは禁止です。入漁証をお求めの上釣り座にお入りください。
入漁証は見えるところに付けてください。
中学生は身分証が提示されませんと、割引はされませんので保険証や生徒手帳等をご持参下さい。

場所取り禁止について
開店前の釣り座の場所取りは禁止です。受付前にお並び頂くか、開店まで車などでお待ち頂く場合は荷物等を置いてお待ち頂いても構いません。
但し、トラブル防止のためお一人様1つの荷物(5人分のときは5つ)
を置くようお願い致します。荷物等の紛失は一切責任を負いませんのでご了承下さい。

追記
入り口ロープ開放前に受付に置かれたお荷物については無効となります。スタッフが解放後(4時頃)入場できます。宜しくお願いします

※釣果報告の写真撮影について
写真撮影はキープされるお客様のみとなります。リリースされるお客様はご遠慮下さい。

※イトウの撮影、及びキープは禁止です

☆おしらせ☆

冬季営業時間について
3月23日からナイター営業中です(8:00~21:00)
☆重要なお知らせ☆
料金改定のお知らせ
いつもすそのフィッシングパークにご来場頂き、誠にありがとうございます。
さて、突然ではございますが、この度、養殖飼料の大幅な値上げにより、現状の放流量・放流サイズ・放流魚種を維持することが大変困難な状況となりました。
つきましては、8月1日より、全ての釣り券(1時間~6時間券・1日券)とエサ釣りの料金を100円値上げさせて頂き、バーベキュー料金を4000円に変更させて頂きたいと思います。
お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解・ご協力頂きますようお願い致します。


☆重要なお知らせ☆

2019年の定休日は下記の通り第三木曜日です。お間違えの無い様お出かけ下さい。

1月1日
1月17日
2月21日
4月18
5月16日
6月20日
7月18日
9月19日

10月17日
11月21日
12月19日  3月と8月は無休です




☆中学生料金についてのお願い☆
トラブル防止の為、保険証・又は学生証をご持参下さい。
コピー・スマートフォンなどで撮影したものは受付ません。
ご協力お願いします。


☆お知らせ☆


☆平日も放流2回!実施中です

平日の放流量がアップします。放流時間は受付にてご確認下さい。
※雨天時は変更になる場合もあります。

ルールに関するお知らせ
●トリプルフックの 使用が禁止になりました。
(お知らせ)
●BBQでの酒類のお持ち込み・飲酒は禁止となりました。
●場内分煙となります。喫煙は灰皿設置場所にてお願いします。
(受付・BBQ場横・下池休憩所)
●忘れ物のお取り置きは6ヶ月を上限に処分させていただきます。あらかじめご了承下さい。


●いっぱいになったスタンプカードは、BBQやエサ釣りで使う事も出来ますが、ルアー・フライでのご利用の際は、3時間分だけではなく、一日券(一般5000円から)3時間券の3050円分を引いて精算が可能です。受付の際に、いっぱいになったカードとご利用時間をお伝え下さい。

☆アルコール類の持ち込み・飲酒について

昨年より場内において、アルコール類の飲酒は禁止となっておりましたがこの度バーベキューを利用しない、ルアー・フライ・エサ釣りのお客様に限り飲酒を解禁させて頂きます。ベンチ・休憩所などをご利用下さい。
尚、引き続きバーベキュー中、及びバーベキュー場での飲酒は禁止となりますので宜しくお願い致します。

☆☆現在の放流モノ☆☆

ニジマス アマゴ
レギュラーサイズ(40センチ前後)
大型赤身ニジマス (50センチ以上)
ブラウントラウト、ブルックトラウト、放流中!
各30センチ~50センチ

ミックスポンド ニジマス小サイズ30センチ前後多数


水温 約13.5度~15.0度 (日中の水面付近)で推移。平日放流は11時頃です。土日の放流は人数にもよりますが、晴れていれば4回程度(上下池)ミックスポンドは
午前、午後各一回を予定しています。上下の池は2時間置き程度で放流が組まれます。詳細は当日の受付前のホワイトボードにて発表します平日は午前11時(毎日)と午後も放流を予定します(雨は中止の場合あり)午後の放流はスタッフの関係上13時から15時と不確定ですので
外出される際は受付で放流の有無を確認して下さい。


イベントのお知らせ

6月29日 土曜日
フォレスト様をお招きします。名品ミューをはじめ
多くのアングラーに支持されるエリアを中心とした
総合ブランドです。初心者さんからスキルアップをしたい方まで気兼ねなくお立ち寄りください。


過去の「あれこれ日記」はこちらです。























2019年5月24日金曜日

体が慣れていないのもあって、この暑さに参ってしまいそうです。暑さ対策を忘れずに
お願いします。
そんなお天気でしたので晩酌をさておき、きっと例年より早く出るだろ?の思惑もあり蛍散策を
してみましたが・・まだ出ていないようでした。桜の開花は積算気温だといわれますが、魚は一年中変化の少ない湧水に住んでいながらきっちり産卵期を合わせてこれるのは、日照時間を感じて
いるからだと聞きます。
蛍も日照時間に左右されるとすれば、きっと毎年5月の最終週には見えるので、もう少しかと
思われます。

2019年5月21日火曜日

久しぶりのまとまった雨で、全域普段より濁っています。そんな時じゃないと濁りませんが
下の池なら戻るのに2日近くかかりそうです。いつもは使わないヒカリモノやグロー、ケイムラなど
が主力になる傾向があります。アクションもロール系よりバタバタアピールする方が魚に
効率的にアプローチできると思います。濁りの具合によって展開を変えていってください。
限定的ですが黒系なども強いバイトを出すかもしれません。

2019年5月20日月曜日

連休過ぎ辺りから蒸し暑さすら感じる陽気になってきました。もうじき蛍も出そうですが、その報告は後日改めて。そんなお天気ですので、トップやドライへの反応がよくなってきました。
元より水面は一年中反応しますが、真冬は小さなユスリカがメインで大きいものを見切る傾向も、大きめな甲虫も浮いている季節がら、画像の12番程度のドライにもいい反応があります。
そんなサイズのメリットはフッキングの良さばかりではなく、アイへラインを通すのが楽な事。
先輩フライマンが語っていた「老眼とフライ交換」についてわかり始めたのもあり、好んで大きめを
巻くようになりました。ただ、水面の上に乗るようなパターンではなく、水面に絡みティペットが
水中に入るようなパターンが有効のようです。お試しください。

2019年5月15日水曜日


明日 16日 木曜日は定休日です。

18日土曜日はムカイフィッシング様の無料イベントが行われます。
毎回お得な情報、アイテムがたくさんあります。好評のマクッス田中氏のレクチャーも
随時行われます。

2019年5月14日火曜日

夏日があったと思えば冷たい雨。雷注意報が出ていましたから、冷たい空気が近くにあるのでしょう。  「雨はチャンス」なんて聞いた事がありますが、少々濁って人影が見えにくくなるから
なのでしょうが表面水温をどんどん下げてしまうような雨は逆効果になりえます。
昨日まで表層でクルージングしていた魚は減り、流れや深めのポジションに固まっていたよう
です。冷たい雨はマイナスの要素もありますが、活性の高い個体はレンジ(タナ)が集中している
傾向があり、晴れた日のバラついたタナボケに比べれば、ヒットも集中する可能性も多くなります。
上(水面)からルアーを通していき、追いのあるタナを見つけたらカラーや動きを変えてみると
いいと思います。

2019年5月13日月曜日

レンタルでフライをされるお客様にてっとり早く釣ってただこうと、インジケーター(浮き)を付けて
お渡ししたのですが・・・初めてだということで、一通りのレクチャーもするのですが、魚は極小の
浮きの浮力を嫌ってか或いは色やパターンが嫌なのか、口にしてはぺっとフライを吐き出します。
幸いヒットパターンにはまったので、結構な数が釣れましたが、インジケーターの落とし穴といった
感じでした。慣れてしまえばドライフライを置いておく方が、効率的にヒットさせられますが、
ルアー片手間でフライにインジケーターを付けている方は、シビアな選択を魚がしますので要注意です。

2019年5月10日金曜日

大型連休明けの一週間お疲れ様でした。といったところでしょうか?疲れていても釣りをすると
スイッチが入り真剣になってしまう私。皆さんの中にもそういった方もいるのではないでしょうか?
昨日も少しばかりミックスポンドで遊ばせていただきましたがトップからボトムまで万遍なく
釣れました。特に先日紹介したリプライ様の「パイソンK5」はどこで合わせていいのか笑っちゃうくらいサンドバッグのようにボコボコにされました。お天気にもよりますが、鏡のような水面よりさざ波程度があった方が反応はよいので表層狙いは極端に軽いスプーンよりある程度風に負けない
ウェイトで十分バイトがありました。

2019年5月8日水曜日

紫外線が強いと天気予報でも言っていました。魚もできるだけ日陰に隠れていたいようで、
陰があればその形の通りに集まっています。そんなポジションが空いていたら
表層(およそ水面から10センチ未満)を狙ってみましょう。
日陰は魚でぎっしりしている状況ですので大きく激しく動くタイプのルアーでは一撃でルアーを
見切ってしまいます。ルアーを見つけにくい濁った水ならアピールの必要はありますが
クリアーウォーターですので、微波動、ローアピールでルアーを選択すれば長く高活性は続きます。表層のバイト魚の挙動がよく見えますので、早合わせやビックリ合わせをしないように注意してください。

2019年5月6日月曜日

連休中の日々の放流で、飛び交うルアーを恐れて働かなかったお魚が、お客様の減った
今日あたりから始動し始めた感じです。皮肉なもので取り囲まれた先輩の魚はスレていると
いうよりビビッて動けないもので、それを感じて後輩放流魚も本来の働きをせずに固まって
しまう。。。釣り人が減るであろう明日以降も放流は午前午後各一回あり、今日までの放流魚が
本来の動きを出せば、これからお休みできるサービス業の方にもチャンス大だと思われます。

2019年5月4日土曜日

ディアスキナーさんの新商品のロップイヤー。かわいいでしょ。人を釣るのに試行錯誤した
ものですが、なんと魚も釣れる。(笑) ただ巻きが基本ですがアクションで耳がピラピラ
動き魚を誘います。初心者の方にオススメしたところ「釣れました!」って喜んで
くださいました。店頭にて販売中です是非どうぞ。

2019年4月30日火曜日

リプライの今月発売「パイソンK5」ジョイントのトップウォータープラグです。前回イベントの
際に私のゴリ押しで代表の戸祭氏が即興で作ってくれたルアーですが、コレがまた
釣れるんです。ロッドアクションの加減で全体が動いたり後ろを残して前だけウネったり
動いた後の余韻で形状が変化するのが魚を引き付けるのか、ともかく試していただければ
お分かり頂けると思います。 入荷日早々に完売のため再入荷してもらいました。

2019年4月26日金曜日

明日からお待ちかねの連休です。平成から令和の新時代にむけて、休日の少ない日本が諸外国と足並み揃える意味でも政治家さんが思いたった10連休なのかしら。
イマイチ連休についていけてない国民性を感じますが、「日々放流」をしていますので、お立ち寄り下さい。
10連休に備えてそういった意味でも、放流魚はたくさん用意してお待ちしています。
いつも通りお客様の人数、顔色に合わせて放流を組んでいきますので、ここで回数なりの情報は
流せませんが、普段の週末通常放流で午前午後各2回、ミックスは各1回の放流となります。
そのあたりが目安となります。

放流魚は ニジマス レギュラーサイズ 40前後
       ニジマス 赤味 40センチ後半から60センチ台
       ブラウン 30センチから50センチ
       アマゴ 30センチ前後 
       イトウ 70センチ前後

2019年4月25日木曜日

先日動画の撮影にご来場された坂本智子さん。こちらはエサ釣りの場面を撮らせていただきましたが、ルアーでも大きな魚を釣っていたみたいです。
連休中に行ってみたいと計画中の方は参考になる動画かと思われます。続きもありそうですが
ひとまずアップされた動画を添付しておきます。



 
 

2019年4月22日月曜日

フライ的には初夏のイメージのフタスジ。それもそのはず気温は夏日直前といったところです。
水面付近が温められたものの依然として好反応なのは水面直下。こういった虫が騒がして
いるのが要因かもしれません。スプーンはもとより、ドライフライやトップウォーターも
やや水中がらみの姿勢やアクションがよろしい感じです。

2019年4月19日金曜日

グルグル回りながらファイトするピカピカの鱒に「サクラ来ちゃったよ」って慌ててドラグを緩め
口切れを防止しようとしましたが、フッキングしたルアーを包み込むようにリーダーが
巻きついたおかげで無事ランディング。見た目にあれ?とは思いましたが一応の計測は60センチ。そんなでかいサクラじゃ年間表彰サイズじゃない?と期待して検量しにボート屋さんに。
やけにあっさりしたボート屋さんはコーホーだね。と。そう芦ノ湖でコーホー(銀鮭)は対象魚に
なっていない事を私は知らないのでした。それでも私には記録的サイズ。
久しぶりに手の震える魚をもたらしてくれたのは、日曜日イベントでお世話になるハンクルさんの
ミノーです。ネイティブでもエリアでも代表の泉さんが作るルアーの信頼度は抜群です。
私たち年代のルアーマンには神のような存在の泉さんもご来場予定です。


2019年4月15日月曜日

お知らせ  今週18日の木曜日は定休日となります。

現在の放流は
ニジマスの40センチくらいのレギュラーサイズ
50~60センチ程度の赤味のニジマス
30~50センチのブラウン
25~35センチのアマゴ となっています
在庫にイワナ類と、かなりの数のイトウが小型のマスを食っていて相当太くて楽しそうです。
そういった状況の上下ポンドと小型のニジマス、ブラウン、アマゴのミックスポンドと
様々なルアーに反応してくれる魚種ラインナップになっています。
スプーンだけでなくミノー、クランク、トップ系・・・自分の好きなスタイルを貫くのも良し、
狙った魚を追うのも良し、寒くも暑くもない釣りには気持ちいい季節になりました。

2019年4月13日土曜日

気づかずにリリースされてしまう方もいるようですが、現在の放流ものに50センチ前後の赤味が
多く含まれています。レギュラーサイズより一回り大きい程度の個体も、体高は赤味らしく
なっています。でっかい赤味は脂がノリノリですが、小さい赤味はしっとりした脂を堪能できます。
50センチ以下だとキープリミットの50センチ以上〇本まで。のレギュレーションにも抵触しない
サービス赤味なのですが、このサイズは大ものよりスピード、パワー共に強烈で、あっさりラインを
引きちぎっていきますのでお気を付けください。

2019年4月12日金曜日

いつまでも寒い日が続いていますが、桜も散り日中は表層系の見える釣りが楽しめています。
放流の傾向は相変わらずボトム方面に沈んでしまう事が多いので、ウェイトのある派手な
スプーンがマストアイテムです。一匹掛かれば集団で行動していた放流魚は、次々と寄ってくる
ものですが、数分で同じルアーは見切りますので、色違いを準備して頂けると効率的です。
陽が落ちるとさすがに寒いのでマズメ狙いの方は充分な寒さ対策を準備してください。

2019年4月11日木曜日

雪は降らなかったものの冷たい雨だった昨日。ヒットパターンは各所の状況で変わりますが、
表層より50センチくらい下だった感じです。暖かいと言っている週末はまた変わりそうですが、
冷えた日はショートバイトが多く出ます。ツマむような当たりにも対応できるように、フックのチェックは必須です。
ショートバイトの原因として今回のような気象条件もありますが、フェザーや小さいルアーでスローに誘う場合は、特にカラーの選択が重要と考えます。スローになるほど気に入らないカラーは
鼻で突っつく傾向があります。早い動きは見切る前に喰わなきゃ!って感じなのかもしれません。
スローの場合、見て合わせる事で早合わせをしてしまいがちですが、フックさえ問題なければ
少々のテンションで初期掛かりは可能です。ティップがモタれる程度入ってから合わせても
乗ると思いますので、一度お試しください。

2019年4月8日月曜日

蔵のあるお屋敷から使っていない木炭が有るってんでBBQ用に頂いたところ、相当年代物の
新聞紙にくるまれており、そういうのって見ちゃいません?片付けや引っ越しの時に出てくる
懐かしい釣り雑誌や大事にしていたルアーなどなどイチイチ引っかかるパターンですが、
昭和45年のこの記事には「坂道割り増しをやめる」とあります。??馬車か!?と突っ込んでみたもののタクシーとある。
今では考えられない料金設定ですが、そんな時代もあったんだ・・と感嘆いたしました。